クラススケジュール・クラス紹介



クラススケジュール

10時 10時
バレエ入門
10:45 - 12:15
バレエ入門
10:45 - 12:15
11時 11時
12時 12時
特別クラス
12:25 - 13:25
バレエ初級
12:45 - 14:15
ジャズダンス
初級
12:45 - 14:15
バレエ入門
12:45 - 14:15
13時 13時
14時 14時
特別クラス
14:25 - 15:25
バレエ初級
14:30 - 16:00
15時 15時
ジャズダンス
初級
15:45 - 17:15
16時 16時
ジャズダンス
初中級
16:30 - 18:00
17時 17時
18時 18時
19時 19時
バレエ入門
19:30 - 21:00
20時 20時
10時
10時
11時 11時
12時 12時
13時 13時
14時 14時
15時 15時
16時 16時
17時 17時
18時 18時
19時 19時
20時 20時

特別クラス とは・・・ヴァリエーションクラスとトゥシューズクラスを隔週でレッスンいたします。




【 5週目お休み 】
GW、お盆休み、年末年始などの休講の際に振替になる場合があります。

【 入室・退室について 】
≪受付開始≫ レッスン 20分前~受付を開始いたします。
≪スタジオ退室≫レッスン終了30分後までにお願いいたします。

【 レッスン中の扉の施錠について 】
安全面に配慮して、レッスン中は入口の扉を施錠いたします。
レッスン開始時間に遅れないようにお気を付けていらしてください。





クラス紹介

バレエ入門クラス

img
時間 火曜 10:45~12:15
金曜 12:45~14:15
土曜 10:45~12:15
内容 ヨガマットの上で、上へ上へと引き上げる為の呼吸と筋肉の使い方を、
トレーニング・ストレッチしながら高めます。
バーは主に両手でつかまり、真っ直ぐに上へ立つためのプリエ〈屈伸運動〉 ,
タンジュ〈片脚で立ちもう一方の脚の出し入れ〉 ,ルルベ〈かかとを引き上げ指先で立つこと〉 ,
片脚バランス(パッセ・アラベスク等)など基礎をじっくり丁寧に。

センターレッスンは後半15〜20分。
バーでやってきたことを自分の力だけでできるかを確認していきます!

バレエ初級クラス

img
時間 火曜 12:45~14:15
金曜 14:30~16:00
内容 バーレッスンからスタートします。
両手又は片手でバーにつかまり、基礎的なトレーニングをより深く、
より踊りに使えるものにしていくために、入門クラスよりも
組み合わせながら、更に体を作っていきます。
センターレッスンは約30分。
アダジオ・タンジュ・パッセ・ルルベ、回転テクニックに必要な
片脚でのつま先立ちのバランス、小さなジャンプや少し大きなジャンプ等を、
時間をかけてしっかり練習していきます。

特別クラス:ヴァリエーションクラス

img
時間 火曜隔週 14:25~15:25
土曜隔週 12:25~13:25
内容 昔から愛されてきた古典バレエの作品の中から、
女性が一人で踊る女性ヴァリエーションを誰もが楽しめるように、
少し簡単にアレンジ等を加えながら、6〜8回と時間をかけて
1曲を仕上げていきます。

特別クラス:トゥシューズクラス

img
時間 火曜隔週 14:25~15:25
土曜隔週 12:25~13:25
内容 まずはトゥシューズと自分の足とをゆっくり馴染ませていきますので、
バーにつかまって、ゆっくりじっくりトレーニングしていきます。
足を痛めないように、より身体の引き上げにもしっかりと意識を向けながら、
ルルベ・ピケ・エシャペ・パドブレと進めていきます。
ひとりひとりのレベルに合わせて、その人に合ったトレーニングをしていきますので、
始めて履く方も安心です。
慣れてきた方は、最後バーから離れて簡単な動きをやってみます。

ジャズダンス初級クラス

img
時間 水曜 12:45~14:15
木曜 15:45~17:15
内容 音楽に合わせてのウォーミングアップで身体を温めていきます。
アイソレーション〜プリエ〜タンジュ〜パッセバランス、
腹筋トレーニング〜ストレッチと基本的な流れの後、ターンやステップ、
ジャンプなど技を練習するクロスフロアを行なっていきます。
コンビネーションは、1曲を6〜8回かけてじっくり練習していきますので、
最初はできなかったことも、最後には「表現するって楽しい!」というところまで導いていきます。

ジャズダンス初中級クラス

img
時間 金曜 16:30~18:00
内容 基本的な流れは初級クラスと同じです。
コンビネーションは、より表現力も磨いていき、アップテンポやスローテンポでも筋力をしっかり使い切り、振りに振り回されないようにする為、少し難しくなります。
こちらも6〜8回かけてじっくり練習するので、「難しい振りにもチャレンジしてみたい!」という方にもピッタリです。